浅草
浅草

『お取り寄せサイト』をひとつにまとめました。すべての蒟蒻しゃぼんを一度にお求めいただけます。

『お取り寄せサイト』をひとつにまとめました。すべての蒟蒻しゃぼんを一度にお求めいただけます。

お店案内

雷門柳小路

 

 浅草は浅草寺を中心に、北は言問通り南は雷門通り、西は国際通り東は隅田川に囲まれた地域で、その中に幾つもの細い道がひしめき合っていて、その道一つ一つに個性的な名前が付けられています。

 浅草蒟蒻しゃぼんのある、雷門柳小路は、オレンジ通りから仲見世通りへと通ずる横町で以前は通りの両脇の所々に柳に木が植えられていたことからその名称がつけられたとされています。

 

 その道が続く雷門は、浅草寺の総門です。浅草寺史によると、天慶5年(942年)に平公雅が浅草寺総門として駒形に建立し、後の寛永12年(1635年)に再建されましたが、同16年に焼失。慶安2年(1649年)に徳川将軍家光が本堂、仁王門、五重の塔、雷門を寄進したといわれています。

 

 の後、何度かの火災による焼失を繰り返し、現在の雷門は昭和35年に95年ぶりで再建されたものです。

 

 雷門の両側には風神、雷神が祀られ、雷門とともに多くの観光客の人気を集めています。

〒111-0032

東京都台東区浅草1-18-12

copyright©2014 Konnyaku Shabon all rights reserved.

copyright©2014 Konnyaku Shabon all rights reserved.